顔のたるみ治療は何科にいけばいい?
努力して顔のたるみをなくす

何科にいけばいい?

以前まで気になっていた顔のたるみが、諦めと共に気にならなくなってくる。
しかし、そのたるみが少し改善されるだけで、見えてくる世界が大きく変わります。
美しさの追求に年齢は関係ありません。顔のたるみは治療でも治せます。

顔のたるみ治療は何科にいけばいいのか悩んだことはありませんか。
顔のたるみに治療を行っているのは皮膚科・形成外科・整形外科などがあるので
迷ってしまうこともあると思いますが、そういった場合には
何科目か掲げているクリニックにかかると、個人に合った顔のたるみの治療方法を
提案してもらえるのでおすすめです。

違った特徴


皮膚科だけのところとなると皮膚だけが専門になりますが、
何科目か掲げている美容外科クリニックなら総合的に判断してもらえます。

顔のたるみとひとつとっても原因は人それぞれ様々あり、治療方法も
全ての人が同じという訳にはいきません。

banner


真皮からくるタイプの方はシワが多く乾燥が目立ち、指で皮膚を引っ張ると
毛穴が目立たなくなるタイプです。


靭帯がたるんでいる方は加齢や脂肪の重みにより顔の印象がでこぼこしています。


筋肉と筋膜が原因の方は皮膚を指でつまむと伸びやすく、
ダイエットなどで急激に体重を減らした人に多いです。


むくみが原因の方は朝と夕方以降の印象が変わるタイプが多いです。

これらのタイプだけではなく複合的なケースもあります。
顔のたるみを治療する方法は専用の機械を使ったものや
糸を利用したものや、本格的な手術を行うものがありますが
それぞれメリットやデメリットがあるので、納得したうえで
行うことが大切です。


クリニックを選ぶときには科目で判断するのも良いですが、
自分の行いたい治療方法や機材を扱っている信頼できる
クリニックを選ぶようにしましょう。