努力して顔のたるみをなくす

顔がたるみやすい人の特徴

顔のたるみやすい人の特徴は、顔の形に現れていることがあります。

例えば、小顔の人はあごの骨が小さいため、たるみを支えきれないとされます。
また、丸顔の人も顔の肉付きが良いため、すぐにたるんでしまう可能性が高いです。

顔の形以外にも、顔のたるみの原因はあります。

例えば、口呼吸をする人やよく噛まずに食べてしまう人、スマホやPCを長時間使用している人も
たるみやすいと言えます。

これらを踏まえた上での対策としては、あごをよく使う、動かすということが重要です。

あごや顔の筋肉をよく動かす人は、顔の緊張がほぐれていつまでも若々しい状態でいられます。
また、スマホやPCをよく利用する人は、何時間も首の肌を引っ張られる状態が続くため、
たるみやすくなってしまいます。

そのため、一時間に一回はストレッチをするなどのように体をほぐしてあげることで、
対策をすることが可能です。

また、口呼吸をしている人は無意識な場合が多いので、気づいたら鼻呼吸をするように心がけることも大切です。