TOP

皮膚科では丁寧に診察を行い、しみの種類に合わせたしみ治療を行っています。
30代や40代の人に多い肝班は、女性ホルモンの影響でできるしみなので、高齢者にはあまり見られないことが多いです。
ピルの服用や妊娠などでも、しみが濃くなってしまうことがあります。

肝班のしみ治療は、ビタミンEやビタミンCなどの内服薬を服用したり、外用薬による治療を受けることがほとんどです。
しみの程度は、人によって個人差があり、メイクで隠せない程度から、あまり目立たないしみもあります。

しみ治療には、メラニンを含んでいる細胞を破壊するためのレーザー治療が大変効果的です。

しみの気になる部分にレーザーを照射することで、目立たなくすることができます。

 

しみに悩む女性は多いです。
若い頃は気にせず浴びていた紫外線が、歳を重ねてしみとなって出てくるのです。
ですから、早めに対策しておく必要があります。